一般社団法人 日本適性力学協会
0120-97-3542
(平日11:00~18:00)

野上 こうこさん

野上 こうこさん(のがみ こうこ)

WDプロファイル:クリエイター

Lococo代表 ライフコンサルタント
日本適性力学協会認定ウェルスダイナミクスプラクティショナー
ThinkBuzan公認 マインドマップインストラクター
日本能力開発協会認定コーチ(協会東日本支部長)
コーチングカレッジ 2期生
究極コンサルタント養成塾 札幌一期生
絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト
地球が教室北海道 いのちの授業講師


ウェルスダイナミクスを知ったきっかけは何ですか?

4年前くらいに知りました。

 

当時、マインドマップインストラクターの資格を取り、教えてほしいという声に後押しされ、講師業を始めていました。自ら講師を目指し、マインドマップで生計をたてようと、意気込んでいたわけではありませんでした。

主婦からの転向で50才からの起業でもあり、始めたものの、「これでいいのかな?」とか、「このまま続けていいのかな?」と思い、今後の自分の将来を描ききれずにいました。
そんなときに、友達から紹介されたウェルスダイナミクスのプロファイルテストを受けました。結果は、スター寄りのクリエイター。

 

人前で話すことも向いていて、新しいものを直感で取り入れ、アレンジしながら伝えていくこの仕事が合っている、と認識できました。

 

そしてクリエイターという結果に後押しされ、自らの意識が変わったとたん、仕事がスムーズに加速していったのを覚えています。

 

 


ご自身のプロファイルを知って、どう変わりましたか?

自分のことを器用貧乏だと思っていました。オール4で、どんなことも卒なくこなすけど、これといったものがないな、と。でもプロファイルを知って、自分のことを改めて振り返ってみたら、あ、これもできるし、あれもできる、って思えました。

 

例えば、子供の卒業時の謝恩会でみんなが楽しめるアイデア出し司会をしていたな、とか、学童保育の補助指導員でも、その場その場で子供達の仕切りをしていたな、とか。マインドマップの講座では、参加者の雰囲気を見て、その場でアレンジできたり。

 

今も、企業研修などで、事前の打ち合わせをして流れを決めパワーポイントをつくりこんでいくのですが、当日の代表挨拶を聞いて、やっぱりこうしたほうがいいかなと、その場のアイデアで、ワークの間に研修の流れを作りかえたりもします。そういうこと一つ一つが自分の強みだと捉えられるようになりました。

 


ウェルスダイナミクスを今どのように使っていますか?

自分自身ウェルスダイナミクスに、自分のやりたいことを後押ししてもらえました。そして、前に進めるという体験をしたので、その体験を多くの人に伝えたいと思って活動をしています。

 

サロンで定期的にウェルスのセミナーを開催したり、マインドマップとウェルスダイナミクスを掛け合わせたコーチングセッションをしたり、企業研修でウェルスダイナミクスを取り入れたりしています。コーチングセッションの中で、クライアントさんにウェルスダイナミクスのプロファイルテストを受けていただき、その結果をもとに、特性とセッション内容をを視覚化したマインドマップを描きお渡しするので、とても喜んでいただいています。

 

ウェルスダイナミクスの大好きなところは、自分や相手の強み・弱みがわかるだけではなくて、それがわかった上で何をすればいいのか、その人の視点は自分とどう違うのか、だからどうやって接すればいいのか、という具体的な方法までを示してくれるところです。

 

 

あともう一つ、私にとって使いやすいな、と思うのが、ウェルスダイナミクスは自由度が高いというところです。こうやって使わなくてはいけない、という決まったものではなく、自分が持っている他のツール、それが私の場合はマインドマップだったり、コーチングだったりするのですが、それらと組み合わせて使えるところが素晴らしいと思っています。

 

 


ウェルスダイナミクスの事例がありましたら教えてください。

以前ホストクラブの経営者の方がウェルスに興味を持ってくださって、セッションをしたことがあります。セッションの中で、プロファイルを生かしたチーム作りのアドバイスをさせていただきました。それまではロードの人が、ホストのスカウティングをしていたところをディールメーカーやサポーターに任せることにしたり、ロードの人には、ホスト全員の得意なこと、お客様が何を求めてお店にきているのか、どんなホストが好みなのか、などデータの分析を任せるようにしました。そして、そのデータをもとにクリエイターの人が当日のホストの振り当てをするようにしたら、とってもうまくまわるようになりました。ほとんどの問題が解決しましたと報告を受けました。すすきのでもウェルスを伝えていこうかななんて、思っています(笑)

 

 

 


今後どのようにウェルスダイナミクスを使われていきたいですか。

ウェルスダイナミクスは、お客様とのコミュニケーション、チームとのコニュニケーション、そして家族間で、お互いの強みを生かすコミュニケーション方法を知るツールとして、また私が体験したように、自分の生き方の後押しになるきっかけをつくるツールとして、これからもお伝えしていきたいと思います。


プロフィール

北海道生まれ。
北海道の大自然の中で好奇心旺盛に育つ。陸上・スキー・バレーボールと部活三昧で中学・高校を過ごす。高校卒業後上京、日本女子体育短期大学に進み短大付属幼稚園で6年勤務。結婚のため北海道にもどり、一男一女を育てる。嫁ぎ先は曹洞宗のお寺。
同居・子育て・介護経験を経て、2012年札幌にて講師業を始める。
札幌を中心にウェルスダイナミクス・マインドマップ・コーチング講座を開催。

 

ウェルスダイナミクスで、強みを活かし助け合えるチームを作り、仕事とコミュニケーションの加速を提案。マインドマップで、ノート法と思考法を変え、これからの時代に必要な「やわらか頭」を提案。何かを成し遂げる基本は心の根っこを育てることが大切と「心根を整える」コーチングを提案。

全てを取り入れた「ライフコンサル」に力を入れている。

個人セッション、グループコンサル、企業研修多数。
起業4年で、述べ2500人以上に伝えている。


5分であなたの「強み」がわかる簡易テスト

無料簡易テストを受ける

プロファイルテストで
迷いがなくなり確信が生まれる

プロファイルテストを受ける